新郎新婦の紹介の仕方|2人だけの好みに合わせて選べる結婚式場がスゴイ
ウェディング

2人だけの好みに合わせて選べる結婚式場がスゴイ

このエントリーをはてなブックマークに追加

新郎新婦の紹介の仕方

手をつなぐ人

ビデオで自己紹介

結婚式で新郎新婦の紹介をするのは定番ですが、かつては仲人がその役目を果たしていました。しかし、最近では結婚式のひな壇に座っているのは新郎新婦だけということが多くなりました。仲人を立てると後が大変ですし、最近はそういった形式にこだわらない人たちが増えているのです。そのため、これまで仲人が行っていた紹介の代わりに、プロフィールムービーが流されることが多くなりました。結婚式は新郎新婦が席をはずすことが多いため、時間がもちません。二人のプロフィールムービーを流すことによって、少なくともその間は時間が埋まります。特に、新郎新婦のことを知りたいと思っている人が参列しているわけですから、プロフィールムービーの方が分かりやすく紹介することができます。

二人の気持ちを込める

結婚式でプロフィールムービーを流す場合には、二人のことがよくわかるように工夫しなければなりません。二人だけに分かることや二人を知っている人だけに分かることを流しても、一部だけで盛りあがってしまいます。結婚式に招かれた人たち全員が楽しめるようなものにすることが大切です。二人の自己紹介を兼ねたプロフィールムービーですから、二人の気持ちが十分にこもったものにすることが大切です。例えば、二人からのビデオレターのように、結婚式前の気持ちを参列者に披露したり、両親からのコメントを織り交ぜてみたり、結婚式に参列した人たちが二人の真実の姿に接することができるような工夫が大切です。最後に、そのプロフィールムービーを配るのもいいでしょう。